fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2014年05月14日 (水) | 編集 |
男性現場に女性進出

どもっ!ニャン太郎です。
自分のブログを見直すと、結構、書き方に違反があるもんですね。
最初は知らないから、気のみ気のままだったけれど、書き直せねば。
まだまだ、知らない事ばかりで、迷いながらやっています。

とっ、今回は、女性への男性社会へのススメです。

何でこんな事を書くかと言うと、ちらほら、現場に女性が増えてきたからです。
一応、何社かの面接官の経験と、協力会社の人事に聞いた話をしたいと思います。
1、女性の就職活動って大変だね。
どんな会社でも、事務など女性はたくさんいます。
私のところも、みんな女性陣は100社以上受けて大変だったそうです。
私も面接官側に参加した事があるんですが、専門学校出の女の子で、完璧だった子がいるんです。
言葉遣い、試験点数、資格免許、受け答えがどれも完璧。
この子だったら、すぐに問題有りの受付でも通用するなと思っていたんですが、不採用でした。
理由は女性の募集を求めていなかったって事です。
募集要項に男性のみと書く事は、昔は良かったけれど、今は禁止されているそうです。
男女平等ナンタラの法律のため、ダメだそうです。

職業名は話せませんが、女性の人気職で、30代前に辞めてくれという仕事も結構あります。
理由は、提携している専門学校の生徒が新しく入社してくるので、強制的に辞める方向に持っていかれるそうです。
あっ、でも陰険な方法じゃないですよ。
あくまで、辞めざるおえない状況になる契約を最初にするそうです。

お偉いさんの接待で、キャバク○など利用すると、新卒の子がたくさんいます。
東大は聞かないけれど、それ以外の学校の子は良く聞きます。
弁護士や漫画家や就職活動中や、みんな夢を持って、取りあえず夜の仕事をするそうです。
時には明らかに嘘な子もいますが、とても頑張ってやっていましたよ。
飲み屋でこんな子ばかりに会うと、この国は将来ダメそうだなぁ~っと、なんだかねぇ~。

正直、ブラックな会社でも、辞めるなら今のうちだよと話してみても、就職活動の苦しさからガマンするし。
ほんと、私がその子の親なら、×××××するくらい、酷い仕打ちを受けている現場をたくさん見ましたよ。
しまいには、精神病院行きなってしまうし。
労災は認められないし、加害者はそのままだし。
その時に守れなかった自分に後悔しています。
会社の有名弁護士は強いし、ほんと法律って、社員よりも会社に有利になるよう傾いてるね、抜け道だらけ。
精神的に強い子になって下さいね。
耐えるとかでなく、言い返せる強い心を持って下さいねという意味です。

2、女性に助けられる事
私自信、仕事で女性陣には結構助けられています。
喧嘩したお客、出入禁止された現場、ヤバイ現場、などなど電話1つで何時間も争う様な所も、間に女性が入ってくれるだけで、5分で切れる事も多々あります。
しかも気の強い子だと、私が言えない事をバンバン言ってくれるし、グッジョブ。
結構、問題にならないんですよ。
後で、あの女性社員、何とかしてくれとか言われるけど。
女性に口で勝負しても勝ち目無いです。
クレームになってもあんまり大きくなりませんしね。
ただこれが男同士だと、ほんと、やっかいな喧嘩になりますから。
カドが立つんですよ。
しかも、酷い時は嫌がらせもしますからね。
私の営業職の時の体験なのですが、お客さんの所の帰りに、先輩のバックから何か落ちまして拾ってあげました。
見たら、でっかいサバイバルナイフ!
多分、職務質問で見つかったら捕まると思う。
聞いたら、何かあった時のために持っとけよって言われました。
一応、刺されてもいいけど、刺すのは無理ですよ~ってお断りしましたよ。
だけど、そんな話を、喫煙所とかで、色んな人と話していると、結構、持っている人いるみたい。
ガチガチの昔ながらの営業をすると恨みを買うみたいで、ある特有の職業に多いそうです。
今度、営業の話をする時にでも、話そうかな。
まあ、偉くなれば偉くなるほど、裏の仕事が増えて、こんな事になっちゃうんですよ。

あっ、ただ女性同士だと結構、問題になりますね。
なので、男性特有の現場では、以外にも重宝します。

それと、女性特有の場所、女子トイレ、女子更衣室、休憩所などの作業に大変助かります。
その場所の水モレ、空調調整、破損などの修理など、とても男じゃやりにくいです。
昔は普通に出来たらしいけれど、最近は隠しカメラを設置してるんじゃないか疑われたり、男の出入り事体、嫌がられます。
近くで、女性がいなくなるのを待つだけでも、大事のクレームになる事があります。
しかも一発でクビや、この現場の仕事自体無くなる事もあります。
容姿がカッコよくないって理由だけで、クビになる事も。ヒドい。
最近は、人件費削減のために、現場の人数が少なく、お客さん以外の女性を探して点検してもらう事もやりにくいし。
お爺ちゃんの設備だったら、問題にならないかと思っても、余計嫌だと言う女性もいます。

女子トイレの水モレ修理の時なのですが、時間も無く、一人であったためにしかたなく作業をしていました。
20代前半の子が入ってきまして、怒られるかと思ったんですが、顔見知りで作業中だと理解してくれたらしく、大丈夫でした。
すぐに出て行きますねと言ったのですが、「いいですよ、そのまま作業してて下さい」との事を言われ、ならいいかと違う便所で用を足して貰ったんです。
そしたら大きい方だったらしく、ズババババって大音響で凄まじく、びっくりしてやっぱり外にでました。
そんな人もいるんですね。

トイレで思い出したのですが、お昼の時間にいつも女子トイレの前を通ると、ブーン、ジョリジョリジョリって、電動髭剃りの音がするんです。
社員の男同士で、ゲイが入っているんじゃないかと噂になりました。
女性にその話をしたら、わき毛かすね毛じゃないかと。
でも女性用は、男みたいな音はしないそうです。ソリソリソリって感じなのかな。知らん。
で、清掃のオバちゃんに話して、調査して貰いました。
電動歯ブラシでした。

3、最後に
女性にはほんと、感謝です。
ですが、チカラ仕事や、危険な場所での作業などはジャマです。
ケガされたらと思うと、気が散ってしょうがない。
ですが、そんな仕事ばかりじゃないですからね。
設備なんかは、チカラ仕事はほとんど無いですし。
気になって気が散る事もあれば、どんな子でも花があってやる気も出ます。
うちのお爺さんなんて、お弁当まで作ってあげてますよ。
でもそこに、問題あり。
相手のせいであっても、色恋沙汰はトラブルの元です。
この辺の距離感がつかめればいいのですが。
それと、どんな現場でも、女性が複数だと、ケンカが多いですね。
う~ん、あんまり書きすぎると、怒られそうだ。
兎にも角にも、結論は、こんな文章を書いてるから、途中でお気づきかと思いますが、ニャン太郎は極度の女性不振です。
お開き。HAHAHAHAHA,ウリィィィーー!



スポンサーサイト



テーマ:転職活動
ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック