fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2017年03月04日 (土) | 編集 |
どもっニャン太郎です
ミニ四駆で自作でスライドダンパーを作りたいですよね
公式大会だと優勝者の多くが装着していますし
だからといって販売されている普通のアルミ製スライドダンパーはかなり重いし
今回は新発売されたカーボンプレートとの工夫で簡単に結構使えるぞという話です

新発売されたカーボンと言うのは上記のスライドダンパー用カーボンステー
ステーと付属品のみで普通のスライダンパーで使うカバーは付いていません
カバーの代わりにFRPやカーボンプレートでも代用できます
でもアルミのスライドダンパーに付属しているカバーも結構工夫されて使いやすいんですよ

自作はとても難しいです
ただでさえ硬く加工しにくくスライドする穴は精度を求められます
自分はそれが無理なので今回の新カーボンは楽しみでしたよ

定番の自作スライドダンパーは1.5ミリカーボン直を加工して他カーボンプレートでカバーを作っていますね
新発売のプレートは2ミリなので重いから売れずにプレミアが掛からず安くまだ買えます
1.5ミリカーボン直が1.3グラムくらいで穴空け加工し1.2グラムくらいでしょうか
スライドダンパー用カーボンが2.6グラムくらいで1グラム以上重いです
これだと軽さ重視のレーサーには買われないよね
でもねただ削れば良いのですよ
2ミリの厚さがあるので直カーボンよりも細く削っても良し水玉模様の様に穴だらけに削っても良しです
とりあえず1.5グラムまでは問題なく削れましたよ
スライド用の穴は精度よく空いているので加工しなくても安心です

カバーの話ですが自作の方は六角ナットで調整して締め付けてるようですね
ビスもよく滑るように鉄やすりでナメさせてるそうです
でもアルミ用のカバーを使うと省略できますよ
ただし重いので削りましょう

自作がうまくいかなくて悔しかったから販売されて良かったよ
みんなも自作出来ない方は試してみてね~

アルミ製のスライドダンパーを使用する場合は出来るだけ低くセッティングすると重心が下がるので安定に一役買いますよ
ではでは
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック