fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2017年03月04日 (土) | 編集 |
どもっニャン太郎です
今さらながらホイール貫通の簡単なやり方の紹介です
デジタルカーブなどでタイヤが抜けにくくなります
公式大会などの左右に揺さぶれるデジタルカーブなどでは特に前輪が抜けやすくなります
ニャン太郎も初参加のおりタイヤが抜けて失格しさらにそれが他のコースに転がり他車を次々に巻き込み全員リタイヤという大迷惑をかけました
タイヤを抜けにくくする方法は他にもあります
シャフトの先に油性マジックを塗ってタイヤを指すと固まって抜けにくくなります
ブレーキ材を1mm角に切ってホイールの穴に挿入後にシャフトを入れても抜けにくく
シャフトの先をペンチで傷つけてホイールを挿すでも抜けにくくなります
ただしピンククラウンなどが欠けた時に抜こうとしても抜けなくて泣く可能性も高いです
そういう時はシャフトを捨てるつもりで本気で抜きましょう
ホイールプーラーがあると楽に綺麗に抜けるのだけど高いしな~
シャフトが曲がっても良いなら左右のホイールの間に金属製の薄い板を挟みテコの原理で抜きます

その点ホイール通しはレースで抜けにくく手ではなんとか抜ける程度なのでおすすめです
しかも色んな幅のあるベアリングを入れたりヒクオなどの竿部分の幅に合わせてトレッド変更がしやすいです

ホイール通しの説明
ニャン太郎は中空シャフトばかり使っているのでコレに会わせたドリルを使用してますので気をつけてね
シャフトも太さは種類で違いますので
強化<ノーマル<中空だと思ってましたが強化=ノーマルだったりノーマル<強化だった事もあるそうです
ノーマルは確実に真っ直ぐなのでおすすめです
強化のまっすぐは結構レアだったりします
中空は最近まっすぐなのが多いですね

シャフトは60ミリだと短すぎるので72ミリを使用します
ドリルはカーボンホイールの場合は1.7~1.8ミリがおすすめ
普通の標準ホイールは1.5ミリがおすすめです
それ以下だと入れにくいしそれ以上だと穴がナメてタイヤが空転しやすくなります

ホイールにドリルを挿す時は真っ直ぐ挿さないといけません
これもホイールプーラーがあると正確にできます
無い方は初めから空いている穴をゲージ代わりにして慎重に穴を開けましょう
結構プーラーが無くても成功率高いですよ

シャフトを入れる時は気を付けて下さい
金属的な板で挟みながらシャフトを真っ直ぐ挿して下さい
特に中空は先が鋭いので指に刺さります

ホイールからシャフトが飛び出しているとコースを傷つけたりスタッフが回収のおりにケガをする場合があるので何でも良いので蓋をしましょう
スタビボールやゴム管でもOKです
裏技としてホイールの逆付けなるものもあります
トレッド幅広ホイールを逆に付けると付け根部分がカバーの代わりになったりします

ではではくれぐれもシャフトを指に刺さない様に気を付けて下さいね
あとシャフトをノーマルや強化にする場合は記したドリルよりも少し細めのドリルを使用して下さい

スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック