設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2017年05月17日 (水) | 編集 |
どもっニャン太郎です
ミニ4駆のステアリングシステムについてです
ミニ4駆史上最大の夢パーツですね悪い意味で
何とかレースで使えるように色々やってみたのですが結果は失敗でした
ですが数ある夢パーツが有効になったようにいずれは必須パーツになったらな~
そんな開発をする方に同じ失敗をしないように(高いから)自分の失敗例を紹介したいと思います
まず最近有名な改造でアクティブ化ステアリングシステムがありますね
ステアリングとスライドダンパーを連結した改造です
調整が難しいようで速くなるカーブとそうでもないカーブや遅くなったり難しかったです
何よりも左右のタイヤ幅をギリギリまで縮めたマシンにどうしても勝てない
ただ他の方が紹介してる動画だと結構速いので作り方しだいなのかな~
何よりも問題点は5レーンの公式勝負
普通のカーブは滑らかに回ったのですが急カーブやデジタルやジャンプ後カーブなどで結構な減速がありました
それと5レーン特有な段差にも結構反応してるようです
段差に対してスライドダンパーのみで対応した方が良いのかアクテイブ化ステアで逃げるように避けた方が良いのかは
調整しだいかも
自分のは反応しすぎたのかな~

次にステアリングシステム自体の問題点
よく聞くのが重いから遅くなる
たしかにかなり重いです
でもステアリング機能が有効に働けばトルク重視で無視できる重さだと思うんです

ではそのまま仕様書通り装着するとどういう反応をするか
スローをみると全く反応しない事が結構多かったです
反応した時はタイヤの進行方向が壁に向いていましたよ
このシステムは自動で反応させるためにタイヤが左右に動く軸の部分に角度を付けています
どうやらそれが2,3度足らないようです
角度を付けると見た目タイヤが向いてる様子がわからないのですがタイヤを繋ぐバーは理想の方向に反応していました
手でS字に動かしてやると目に見えるように高反応
どうやら重量でマシンを押し付けないと自動では反応しにくいみたい

一番問題なのは駆動効率じゃないのかな~
モーターを外して回してみるとかなり悪い
なので850ベアリングを装着し各箇所にオイルを指し回すとある程度解決しました
でも直線のコースのみです
カーブのためにステアリングを作動させタイヤを斜めにして回すとガッタガタ
これではカーブ時にステアリングが機能するとタイヤが揺れ減速します
タイヤが揺れるとマシンが上下しオフロードで走ってる状態になってしまいますからね
このガタはどこからくるのか
それは長い車軸の先端に付けるボッチとホイール側の嚙み合わせが原因のようです
よく見るとほんと良く出来ています
双方違う3つの爪を微妙な隙間でミッチリかみ合わせています
普通のギアでは一方向に嚙合わせるのですがこれは斜めに摺り寄せて回しています
この摺り寄せ時にガタがきてると思われます
ここにオイルを塗ったり削ったりしてみたのですが難しく無理でした(失敗ばっかり)
では完全に双方ギア部分を削ってスポンジを挟んで固定すると滑らかに
ですが走らせると反応がかなりにぶくなりあんまり速くならない

ここまでやって利点が一つありました
左右のタイヤの幅がステアリングシステムと同じマシンを用意した場合はステアリングシステムの方が速かったです
幅があれだけあるとカーブ時にかなり減速しますからね
ある意味安定もするので高難度コースでは需要がちょっとあるかも

でもミニ4駆自体片側2輪で走ってたりするからステアリング機能自体いらないのかな~
でも実車だとドリフト走行よりもグリップ走行の方が速いっていうしな~

でも手押しでS字カーブをなぞると滑らかすぎて魅力なんだよね
まだまだ諦めないぞ~


スポンサーサイト
テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック