fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2017年06月24日 (土) | 編集 |
どもっ!ニャン太郎です
今回はミニ四駆の大会規則に載っていないレギュレーションなどを書いていきたいと思います
自分の知る限りなのでまだまだありそうですが
大会に参加して載っていないルールで参加出来ないのも悲しいですからね
まずは有名なプロペラシャフト
プロペラシャフトのピニオンを抜いた改造は禁止です
プロペラシャフトの中にベアリングを内蔵させたいけど抜かなきゃ入れられないので禁止行為になります
片方のピニオンを緩々にして2輪走行にするのも禁止です
一応4輪回るから大丈夫かな~って思ったけどダメでした

前輪のみや後輪のみの2輪走行は禁止です
ワンウェイホイールの逆付けで2輪走行というのが昔ありましたが禁止です
でもタイヤのグリップ抜きで半2輪走行はOKなのにね
グリップを抜こうと思えばかなり抜けるのですが完全2輪走行は結構遅いです
ある程度のグリップがある方がカーブは速いです
両軸の前後ギア比変更はOK

シャーシの分断は禁止です
ボディなどは切って繋げてもOKですがシャーシは禁止です
例え繋げても禁止行為に当たります
MSなんか3分割されているのにね
なんでもタイヤベースが変わるのがいけないそうで
ギヤの干渉がおかしくなるからかな?

ヒクオなど提灯系のダンパーはローラー軸の内側に設置ですが回転せず上下運動だけの改造をすると外側にも設置できます
ダンパーの軸穴を丸から四角にしたりスクエアダンパーを使用したりですね

ホイールのタイヤ設置面の内側のでっぱりがありますね
そこを利用したオフセットタイヤも禁止です
以前なんちゃってペラタイヤのために中空タイヤをホイールに直接履かせたのですが出っ張りを削らずに設置しオフセットにしたところ注意を受けました
理由はグリップが抜けて限りなく二輪に近くなるからだそうです
車検員にもよるとの事なので微妙なところですね
尖らせたオフセットも同じく注意を受けてしまいましたよ

モーターのスプレー注入
これは昔は禁止行為として記されていたのですが今はないですね
一応パーツクリーナーで洗う等はOKだそうです
でも会場での使用は禁止です
接点復活剤やケミカルなどは微妙な解答でした
申告しなければバレないよ!
もちろん職員さん解答です
あからさまな速度違いやオイル漏れや正直申告したらアウトだそうです
つまり禁止?
フラットだと差が出やすいけれど立体ではあんまり差がでないイメージです
速ければ速い程に電力を喰いますのでスタミナ不足になりますしどこでケミカルが切れるかわからないですしね
速くしたければモーターを一段階上げたり電池を追い充電したりも効果的です
現状の公式立体でスプリントやパワーダッシュモーターで追い充電しケミカルだとシリコンブレーキでも制御が難しいです

マシンに乗せるフィギュアは社外品でもOKです
もちろんバズーカやドリルなども付けてOKです
ただしコースを傷つける可能性がある場合はNG
さらに走行に影響がある付け方は車検員によって違うみたい
フィギュアをダンパーとして利用する場合などですね

基本的には危険なマシンや壊れやすいマシンなどでない限り書かれているレギュで通ります
他にも意外な違反があるらしいので公式や超速ガイドなどで紹介してくれないかな~
ではでは~

そうそう会場では寝転がってはいけません
最近禁止って書かれるようになったね
あからさまに布団を持ち込んできたりエスカレートしてきたからだろうな~
この日のために徹夜で仕事したりマシンをいじって疲れてるから寝てしまうのもわかるけどやり過ぎない様にしないとね

スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック