fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2014年05月25日 (日) | 編集 |
危険物取扱者甲類の勉強方法

どもっ、ニャン太郎です。
まずは、いつもの無駄話です。
ニャン太郎は実を言うと、生まれた時から便秘です。
今度、その解消方法を書きますね。
ただ、一度ヤバい事になった経験談を話そうと思います。
ネット上で、最強の便秘解消として、あるモノが紹介されていました。
ひまし油です。
戦時中は良く使われていたそうです。
江戸時代では、毒消しとして使われていたそうですよ。
これで、バブルスライムと戦っても安心です。
で、薬局に行ったら、たまたまありまして、スプーン一杯、舐めました。
死にました。
ベホマもザオリクも、ほとんど効かず、返事がない。
お腹がイタイイタイ、ネジれるようです。
出るモノは出ましたが、内臓も出そうです。
動けません、まだ呪われているようです。
その後は、さらにひどい便秘になってしまいました。
絶対にマネしないで下さい。

で、今回は危険物取扱者甲類です。

1、危険物取扱者甲類ってなんぞや
全ての危険物の管理、立会いが出来ます。
正直、簡単な危険物取扱者乙4で、十分な気がします。
今まで、ガソリン、重油、軽油、灯油くらいがほとんどです。
乙4だけで間に合います。
ただ、病院の仕事の時に過酸化水素を管理して欲しいと頼まれた事があります。
ウオの目用ですかね、違います、たしか滅菌だった様な。
そう言えば、この資格と関係無いですが、笑いガスという物も、病院で扱った事があります。
昔のテレビのように、笑い出すガスじゃないですよ。
それ言ったら、看護婦さんに爆笑されました。
笑気ガスといって、麻酔だそうです。

2、注意点
甲類は、受験資格があります。
大学で、それっぽい講義を受けるか、どれか乙の資格を取るか、他があります。
結構ゆるいですが、後々トラブルになる前に問い合わせしましょう。
FAXと電話で、詳しく調べてくれます。

3、勉強方法
法令、化学、性質の3教科があります。
法令は例年通りなので、簡単です。
性質は、とにかく憶えましょう。
自分で各類の危険物の表を作って、語呂合わせで憶えましょう。
範囲が広く、ありえない問題も出ます。
ただし、問題数も多いので、結構間違えても合格点を取れます。
自分の解いた問題は確実に憶えましょう。
問題は化学。
10問中、4問までしか間違えられません。
しかも、かなりマニアックな問題もあります。
テキストだけでなく、ネット掲示板でも、過去問の情報を集めましょう。

4、一番大事な事
協会の例題集を手に入れましょう。
各地域の消防本部に結構、置いてあります。
もちろん注文でも買えます。
最近は甲類用、乙類用、丙種用に分かれて置いてあるそうです。
とても、出題率の高い問題集です。
ぜひ、全部やって下さい。
化学対策に最適です。
ただし、解答はあるけど、解説はありません。
でも大丈夫。
計算問題など、難しい問題は、みんなわからないらしく、YHOO!質問に聞いていて、解答が見つかります。
そっくりそのまま出る事も多々あるので、ぜひやってみて下さい。
一緒に、テキストも置いてありますが、ほんとに教科書で、問題は載っていません。

5、お薦めの教材
弘文社 これだけ!甲種危険物試験合格大作戦
もう昔からの定番です。
わかりやすいし、よくまとまっています。
ただし、最近は、これだけでは受かりにくいです。
例題集も用意しましょう。
これだけ甲種危険物試験合格大作戦の検索ボタン

全国危険物安全協会か消防本部に置いてある、危険物取扱者甲類の例題集
解説はないけれど、試験の出題率が高い問題集です。
関東版と関西版があります。
何ででしょうね。
どっちかで、大丈夫ですからね。
両方手に入れるのは大変だし、解説を書き出すのも大変だし、関東の試験に関西の問題は出るかなぁ?

6、最後に
ニャン太郎は、母校の助教授と一緒に受けました。
助教授さんは、化学系で、興味本位で受けました。
一応、必要だったそうですよ。
で、化学の点数が足らなく落ちてました。
えっ、私、受かりましたよ。
資格慣れしていて、傾向と対策はバッチリでしたから。
なんでも、化学の問題が、特殊過ぎるって言ってました。
得意分野だから、化学はほとんど勉強してなかったそうです。
でも化学で落ちていたので、みんなに笑い者にされてた。
情報からの傾向と対策は大事です。
何度も色んな資格を受けていると、何となく問題作成者の意図も見えてくるんですよ。
ちょっと、ドヤ顔!



スポンサーサイト



テーマ:資格を取ろう!
ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
繧医°縺」縺溘〒縺吶↑縺a
2016/07/06(Wed) 00:44 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック