fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2015年07月26日 (日) | 編集 |
どもっ、ニャン太郎です。
今回はハマっているミニ四駆の話です。
なれてくるとドンドンスピードを上げてしまいスロープでCOしてしまう。
自分はHD3でCOするのに、上位陣はPDで入れてくる。
0枚着のスロープをどうのりきるかなど、ついでにプラウドマウンテンの話をしたいと思います。
まだ公式の結果が芳しくない私の話ですが、みなさんの改造のヒントになればと思います。
登りスロープ1枚着カーブなどに1番効果的なのはやっぱりブレーキかと。
低くジャンプし距離を短くするにはスピードを落とすのが基本ではあります。
リアブレーキを緑から黒、灰色、マカロニみたいなゴム、黒タイヤブレーキ、シリコンタイヤブレーキに代えたり
高さを1ミリまで下げたりしましょう。
1ミリまで下げると逆走防止の段差でもブレーキが掛かる事に注意して下さい。
まあこの段差は5mm近くあった時も見た事があるので気にしなくてもいいのかな?
それでもダメでしたらブレーキ効果の高いフロントブレーキです。
フロントは緑ぐらいがいいです。
黒とか使うとフロント着地した場合に一回転しやすくなってしまいます。

ブレーキ効果をあげる方法として
全長を165ミリギリギリにしてフロントリヤ両方とも高さ1ミリにします。
リヤを重くする。
車重を軽くする。
ブレーキを傾けるなどあります。

ブレーキ以外の方法
モーターやギアを落とす。
ギアの変更はコースやマシンによっては速くなるので検証してみてね。
フロントローラーは車軸の高さから少し下に変更してみましょう。
スタビに注意です。
フロントからカーブ入り口ぎりぎりに着地させる場合、ローラーが当たる前にスタビがあたり一回転する場合があります。
できれば加工して横だけするか、ボールスタビにしましょう。
フロント下段にも注意です。
3レーンの場合スロープが短いために入り口でフロントの跳ね上げが起きて高くジャンプしている可能性があります。
カーボンやFRPをスベスベに斜めに削るか、緑ブレーキやARブレーキの逆付けなど衝撃を和らげる工夫も大事です。

低重心も効果大です。
どうしてもCOするなら裏面に重りをつけてみるのも手です。

ダンパーの使い方
着地後にフロントが跳ねるとCOします。
サイドダンパーが手軽で効果は高いです。
提灯、東北ダンパー、ノリオ、ヒクオ、ギロチンなどはさらに効果大です。
ヒクオができれば低重心でおすすめです。
ギロチンは左右のブレに気をつけないとバランスを崩しやすいので調整が難しいです。
これらシステムのデメリットは重くなる事です。
その辺はモーターやギヤやタイヤなど他の工夫でトルクをカバーするのも手です。

よくジャンプの高さや距離にこれらのシステムは影響しないという意見を聞くのですが、飛びすぎないという点ではアリだと思うんです。
これらの改造のおかげで飛び出す斜角が低くなって距離が短くなっているのでは。
ジャンプ中に円弧を描かずにフォークの様な落ち方するのはダンパーが落ちているのでは。
同じ人が同じ力でヤリを投げた場合ヤリの種類によっては距離が短くなる。
重心の違いだけでも記録が変るそうです。
提灯系の改造も開度を大きくすると着地が安定するけど大きくジャンプしたり、小さくするとジャンプは小さいけど跳ねたりします。
つまりは理由はわからんけど、色々試してみて。
直線下りスロープ0着カーブの場合は前後ブレーキの効果がないのにPDなどで入れちゃう人もいます。
見せて貰うと・・・・わからん。
見せてくれた方も理論は知らないけど何度も飛ばして調整してたどりついたそうで。
でもコースが変わるとまた変ってくるそうです。

他の方法としてはスロープ前に速度を落としましょう。
10メートル手前のセクションで速度を落とすだけでもだいぶ変わります。
例えばカーブがあればスラスト増やしたり、スラスト1度でゴムローラーを1枚使ってみたり。
コースによって作戦を立ててやるのもコツです。

プラウドマウンテン挑戦して来たよ~。
東京1の雨プラウドで1周出来なかったけど。
えーっと見た感じフロント着地よりリア着地がよさそう。
やっぱりバンクに頭から突っ込んでCO多かったです。
VSの方は車軸に気をつけて。
プラウドの高さからの衝撃で割れた人が多かったです。
スタートは真っ直ぐに置こう。
2周目からは直線が長いから真っ直ぐなジャンプしやすいけど、1周目は置き方が重要です。
スライドダンパーもまっすぐ効果ありです。

最近教えて貰ったのですがうまくヒクオなど提灯系を調節すれば飛ぶ距離を短く出来るそうです。
例えばスロープ登り。
普通にジャンプさせると放物線を描いて着地しますね。
ヒクオをうまく調節できれば放物線ではなくゆがんだ円を描いてジャンプします。
結果ジャンプでの距離が短くなります。
これはスロープ登りでタイヤが離れるまでの斜線方向のエネルギーは同じだそうです。
途中からヒクオが下りて下向きへのチカラでそのエネルギーが下向きに少し変換される事で短くするそうです。
飛ぶエネルギーは同じだけど方向を変えて距離を短くするのですね。
こういう理由が解かれば後は自分でこの作用をする仕掛けを開発してみましょう。

最後まで読んでくれてありがとう。
ミニ四駆の改造に役立つ物の紹介だよ。
ナットやロックナットを締めるのに付属のレンチは小さくて使いにくいですよね。
ネジを締めるように使えれば簡単なのに。
そのための道具です。300円しないから便利ですよ。

ナット用のナットドライバー
径が4ミリ用のナットドライバーで黒いゴムが付いたのがそうです。
最近変更されたみたいで写真と少し違います。
ヘッド部分にプラスチックのカバーが付き、滑り止めの模様が格子状になってたりします。
VESSEL(ベッセル) 精密ナットドライバー TD-52 H4.0 TD-52 H4.0の検索ボタン
もしかしたら合わせ買い商品にされてるかも。その場合は下記のセット品を見てみて下さい。
他のナットドライバーでもいいですし。
径だけは間違えないでね。

ロックナット用のナットドライバー
径が4.5ミリ用のナットドライバーで紫色のゴムが付いています。
VESSEL(ベッセル) 精密ナットドライバー TD-52 H4.5 TD-52 H4.5の検索ボタン
これも合わせ買い商品になってそうです。
下記のセット品にするか他のナットドライバーを選んでみて。
これも写真と同じように違いますが使い勝手はいいですよ。
ナットとロックナットは径が違うので間違えないようにね。

ナットドライバーのセット品
VESSEL 精密ナットドライバーセット TD-57
これも写真とは同じ違いになっています。
とても使いやすいし提灯作成などが簡単になりますよ。

ではではチャンピオン目指してみんながんばろー。
ちなみにニャン太郎の好きなマシンはブーメランJrです。
まだローラーが無い頃に初めて買った車です。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック