fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2015年09月28日 (月) | 編集 |
どもっ、ニャン太郎です。
まだミニ四駆にハマっていますよー。
公式の成果はパッとしないけど。
今回はカーボンプレートが再販されたけど手に入らなかった人のための工夫です。
正直結構知られている事なので初心者用の記事になります。
カーボンプレートの良さは軽さと硬さですね。
デメリットは値高いし手に入りにくい。
ではどんな工夫があるか。

FRPの2枚重ねは同じくらいの強度になり1.5ミリカーボン1枚よりも折れにくいですが重いです。
接着は瞬間接着剤で十分かと。
これをやる場合は出来るだけ低く設置して低重心に活用しよう。

FRPの端全部に接着剤を染みこませる。
カーボンよりも硬くはありませんがFRP自体に粘りがあるので折れにくいです。
去年に作ったFRPのヒクオがまだ折れていません。
しかもヒクオのために直FRPを縦に半分に切ってるのにプラウドマウウンテンの衝撃でも折れませんでした。
当初は木工ボンドを塗ったら染みこまなかった。
それでも折れませんでしたよ。
使うなら液状の接着剤が有効です。
もちろん瞬間接着剤でも染みこみますよ。
注意があります。
全体に塗ってしまうと公式の車検員さんがタミヤのFRPか判断出来なくなる可能性があるので一部は塗らないようにしましょう。
実を言うとタミヤの社員さんに教えて貰った方法なんです。
木工ボンド塗って車検したら瞬着の方が有効ですよ~って教えて貰いました。
結構相談にのってくれるので驚いた。
混みますので空いてる時に迷惑が掛からない程度に教えて貰って下さいね。
時々書けない愚痴など聞けて面白いです。

アマゾンでカーボン検索ボタン

楽天でカーボン検索ボタン

ミニ四駆はチャンピオンズや超速ガイドのガッツマシンやドクターマシンの研究をする事も大事です。

アマゾンで超速ガイド検索ボタン

楽天で超速ガイド検索ボタン

出来ればステーションなどのベテラン勢と情報交換出来ると上達への早道ですよ。
レギュレーションでも書いてない暗黙のルールもありますし。
ガッツマシンは公式大会のタイムを見ると結構早い部類に入ります。
1回目だと優勝を狙えるタイムだったりします。
チャンピオンズもどうしてこんなセッティングなのか考えると面白いですし、慣れて見直すと新たな写真では見えにくい発見もあります。
自分にマネ出来る技術や予算、部品が手に入らないなどでしたら自分なりの工夫をしましょう。
精度が上なので同じものではまず勝てません。
それを踏まえて改たな可能な工夫でマネして自分なりのシステムを構築して下さい。
やり過ぎると変態マシンというレッテルを貼られますが、タミヤさんの社員が喜んで写真を撮らせて下さいと来ますよ。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック