fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2016年01月14日 (木) | 編集 |
どもニャン太郎です。
炊飯器の食べ比べに参加したので営業マンと色々話してみました。
買うのに相当迷うと思うので参考になればと思います。
まずどの営業マンも言ってましたがウチのメーカーの炊飯器が一番美味いと豪語してました。
それと注意として、どのメーカーも炊飯器は使用後すぐに洗ってはイケません。
パッキンや釜のコーティングの寿命が一気に下がります。
いつまでも美味しく食べられるように使用後は常温になるまでほっときましょう。
炊飯器の劣化が一番早い所はパッキンなので大事に扱ってやって下さい。

で、どのメーカーが一番美味しいかの結論は、どれも同じくらい美味しかったです。
はっはっは、味に差は無いよ~。
ほんと微妙な差。
これは味以外で選ぶべきかと。

では自分が食べたメーカーの詳細は他のブログにまかせよう。
気になった事を書いていこうかと思います。

パナソニックWおどり炊き
最近長く一番人気の炊飯器ですね。
釜はダイヤモンドコーティングで一番軽くて扱いやすかったです。
スチームと可変圧力炊きIHジャーです。
部品が細かいので洗うのが大変というのを聞きましたが、そうでも無かったですよ。
古い物との違いと言えばスチームのための水入れがあるくらい。
それも簡単にハズせます。
小さいスチーム穴も普通に使っていれば詰まる事が無いので簡単に洗えました。
とても良かったのはお弁当やオニギリなど冷えた御飯が長時間美味しかったです。
1日ぐらいならフックラそのままです。
これが人気の理由だろうか。
お値段は高めなので型番が古い物を買いたい処ですが、古い型番も値段が下がっていません。
むしろ新製品の方が安い所も。
パナソニックWおどり炊きの検索ボタン

日立ふっくら御膳
これもスチーム圧力IH炊飯器です。
このスチームが良いのかな。冷えても美味しかったです。
打込鉄釜ですが一番釜の保障期間が長い6年です。
よっぽどコーティングが丈夫なのか?
さらに蒸気がほぼ出ないので設置場所に困りません。
出る蒸気をそのままスチームに変換するので蒸気レスが出来るそうです。
パーツも少ないので洗うのは簡単です。
釜が重いけどね。
日立ふっくら御膳の検索ボタン

タイガー炊き立て
特徴と言えば釜ですね。
一番高いクラスの釜はほんとに土釜感。安いクラスもそんなに差は無いですよ。
まあ~土釜ですね。
かなり重いです。
釜の保障期間はありませんので割れたら別売りのを購入です。
土釜を扱った人だと気ずくと思うのですが土釜は美味しいけど、とてもモロく扱いが難しいです。
でもこの土釜は割れるという噂ほどモロくないようです。
50センチくらいの高さなら落としても割れなかったです。
特殊な土釜のようですね。
でも土釜を炊飯器化する発想と技術はアッパレ。
タイガー炊き立ての検索ボタン

象印極め炊き
これも釜に特徴で南部鉄器の羽釜です。
口の部分が広い円錐に近い形をしているのが他メーカーと違う。
昔ながらの釜の形に慣れているから、ちょっと米がとぎにくいかな~あと重いです。
洗うのはナレなので最初洗いにくいだけだと思います。
良いのは焚き方が100種類以上選べます。
う~ん、美味い上に楽しめますな~。
象印極め炊きの検索ボタン

三菱極厚本炭釜
こちらは最も蒸気が出なかったので設置場所が自由です。
その代わり蒸気タンクなど洗うパーツが多いです。
釜は本炭釜です。
これも驚きでモロい炭釜をよく炊飯器化して丈夫な物にしたものだと感心です。
もちろん普通の炭釜と違って割れそうな様子のない釜でした。
でも釜の保障期間はありません。何かあったら別売りですね。
後、釜が重いです。
三菱極厚本炭釜の検索ボタン

東芝真空圧力かまど炊き
かまどの様な形をした鉄釜です。
これも釜の口が少し小さくなっているのでちょっとナレないと洗いにくいです。
ですがパーツが一番少ないので洗いやすいです。
釜は重いけど。
東芝真空圧力かまど炊きの検索ボタン

まとめ
まあ~、ここまで書いてみましたがみんな美味しいのに色んな特徴があって迷いますね。
釜の保障期間が無いメーカーもありますが、販売店の保障もあります。
数千円高くなりますがそちらを利用する手もあります。
注意としては本体のみで釜には保障が無い所もありますから気をつけて下さいね。
それと自宅の地域での捨てる炊飯器の回収条件も調べた方がいいですよ。
大体は縦横奥行きの合計の長さで無料の不燃か有料の粗大かリサイクルになります。

どの特徴を一番優先にするかで選んでみてはいかがでしょうか。
どれも5年前の炊飯器よりは美味しく後悔はしないと思います。
後は値段か!正直型落ちでもそんなに味の差はなかったです。
さあ、たくさん迷って購入して下さいな。
スポンサーサイト



テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック