fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2014年05月13日 (火) | 編集 |
どもっ、ニャン太郎です。
最近のお昼ごはんは、煙草2本と水です。
なんと言っても、安いし、すぐに仕事に戻れるからね。
普通の人には、お薦めしないぞ~。

今回は、地震予測についてです。
いつもとはブログ内容が違いますが、私の決意、決別、決断です。

今朝、ダンボール10箱分の卒業論文や資料を捨ててきました。
無事、資源ゴミとして回収されていきましたよ。
サヨウナラ、俺の夢と希望と思い出。
これで、私の学者になりたいという重荷が外れて、楽になれたと思います。

もし、卒業論文のテーマでお困りの方がいましたら、このブログの内容を試してみては!

1、地震予測を選んだキッカケ
ちょうど、阪神大震災の4年後くらいでした。
被害にあった友人が、この時の事を話してくれたんです。
地震の日に、自分は熟睡して、家族はみんな逃げた後だったとか、全国から泥棒連盟?が集まってきたとか、普通の家族が、泥棒や強姦などしてしまう程、パニックというか混乱状態だったそうです。
生きるため、家族を守るためには、どこまで出来るかの瀬戸際だったと。
私が社会人になった後も、そんな話を聞きました。
この地震のおかげで、建築業界がバブル状態で、家族で被災地に行って仕事の取り合いになったそうです。
しまいには、恐いオニイサンが来て、追い出された事もあるって。
そんなこんなで、世界に役立つ研究がしたいと思い、専門外ですが、地震の予測に挑戦しました。

2、地震予測の資料集め
大学の図書館や、気象庁から無料で貰えます。
大学の図書館には、阪神大震災のデータ資料全12巻など、当時の色んな現象がファイルされていました。
気象庁のデータは、サムライの時代から今日までの地震のデータが、ズラーッとありましたよ。
10年前までは、データだけだったのですが、最近はお金が掛かっている様で、データからグラフや図まで表示させる事が出来て面白いです。
ただ、気ずきました?なんでそんな昔のデータが存在するのか?
これ、江戸時代などの古文書から、被害や場所の様子を読んで、予想した数値なんです。
なので、あんまり信用ないです。
もっと言うと、正確な地震計が置かれる様になったのは、つい最近の話です。
まだお金にならない学問ですから、あんまり研究されてこなかったのが実情です。
下手な事をテレビで言うと、すぐにクビになる研究でもあるので、何かあった場合はシッポ切りの准教授に発表させます。
でもこの研究自体は、昔からされてきているんですよ。
江戸時代から地震計を作った人もいるし、当時の建物を調べるとすごいです。
建物の土台をすり鉢状にして、揺れを吸収する構造。
建物の継ぎ合わせを、ワザと隙間だらけにして、揺れを吸収出来る構造。
建物自体を吊り上げる構造だったりと、当時の大工さんが、
てやんでぃ、べらぼうめい、こんちくしょう、ていっていってい!って個人で研究して図面を引いたんでしょう。
今現代でも、そんな構造の建物を建てているくらいだから、ほんとすごい。
最高峰の宮大工さんなら、こういうの知っているかも。
あれも門外不出の技術とかあって、聞いてみたいものです。
友人は、保険が無いという理由で、ある宮大工を辞めて、放射線技士になりましたよ。

ところで、各データの取扱いで、他の大学の研究所にもご協力をお願いしてデータを貰っていたのですが、思わぬ問題にあたりました。
各データで重なる日付や場所なのに、データが全然違う。
どうも地震計のメーカーの違いが原因ようなのです。
この地震のデータは一定ではないので、変換などして、どんなチカラが働いていたのか調べます。
なので、各データは、どんなラプラス変換で、どんな定数で変換しているのか聞いてみた所、みんなわからんとのご返事。
メーカーに問い合わせて、教えてくれるワケないし。
諦めました。
一応、統一したデータだけを使えばいいという結論に。

3、地震の基礎知識
日本を、太平洋から日本海まで垂直に切った断面図を想像して下さい。
今まで起きた地震の深さの場所に赤点をしていくと、太平洋側から日本海側まで、直線的に赤線が引けるんです。
つまりこの赤線がプレートというヤツです。
昔は日本の下には3つのプレートが重なっていると言われてたのですが、最近になって研究が盛んになったのか、30以上のプレートが乗っているそうです。
こんなのは日本だけです。
そりゃあ、地震大国と言われる所以ですね。
で、今度は日本を真上から見てみましょう。
地震震源地の真上に赤点を打っていくと、みごとに全土が真っ赤かになります。
どこにいたって起きるものは、起きるんです。
そうなると、原発の設置の法律の話をしたいとこですが、止めときましょう。

4、どう研究したか?
地震の大きさ、震源地の深さ、位置、性質の違い、前回起きた地震との違いなどのデータ解析から、近い値が出る色んな微分方程式を作って検討しました。
たしか、120個以上の方程式を作ってみたのですが、ほとんどにカオス成分が出てきてしまいました。
つまり、この式から言える事は、地震はランダムだよ~って事です。
あっ、信じちゃだめですよ。
いい加減なデータから、適当な計算方法で出た計算式を適当に検討してみた結果ですから。
ただ、私の回りには、そういう人が多かったです。
ある教授なんかは、1年に1回は結果を出して論文を書かないといけないので、授業はプリント1枚置いといて、図書館で勉強してきて下さいって帰っちゃうんです。
こっちは高い授業料を、夜中のバイトで稼いでくるのに。
それに発表して間違っていても、新しい発見があったようですねで終わりですから。
論文なんて、マユツバで見た方がいいですよ。
毎年、答えが変わる内容もありますから。
どの科かは、言いませんけど。
でも今回のSTAPさん論争は、始めから先生共々ビックリしていました。
なんで、有名人で無い人が、発表出来たのだろうって?
普通、有名な教授の名義を借りて発表するのに。
そうでないと、大量の論文の中から、選んで見てくれる事ってないんです。
これで失敗した人がたくさんいるんですよね。
ピロリ菌の発見って知っています?
これでノーベル賞が貰えた学者さんがいるんです。
ですが、これ結構簡単に見れるんです。
なので、当時発表された時、俺もだいぶ昔に見つけたっていう人が、たくさんいたんです。
みんな口々に言うのが、発見したけど、胃の中に菌がいるはずはないという事で、実験失敗にされ、やり直しになったそうです。
論文を書いても、バカにされて、誰も名義を貸してくれないしって、言ってましたね。
そう、実験しても、言われた予想通りの結果になるまでやります。
疲れたらデータ改ざんしたりして、終りましたよ~って、ゴマをスリスリ。
まあ、こんな悪い人達ばかりじゃあ~無いですよ。
真面目に本気でやる人もいますが、そこに寄りたかるのも、人間という事で。

さぁ~話しを戻しますよ~。

5、結果
まあ、ランダムだから予想できないよという結論になりました。
このランダムさを計算する方法もありまして、どれだけ数値がバラバラになるかで、判定します。
よく、何パーセントの確率で、どこどこで大きな地震が起きますよという確率論があります。
同じデータでやっているのに、各大学でかなり差がありますよね。
あれは、どこまで昔の統計でやるかによります。
なんせ、昔のデータはあてになりません。
家が壊れたと古文書にあれば、震度いくつだと判断したデータなので。
それに確率はあくまで確率です。
煙草を吸って肺ガンになるのも、あれはあくまで確率なんです。
一生肺がんにならない人もたくさんいると、禁煙外来のお医者さんが、煙草を吸いながら言ってました。
で、なんの話をしていましたっけ?そうそう地震の話。
ただし、地震の深さと断面図の関係、上空から見た地震の震源地の場所は、原子の電子の運動と同じように、ある一定の場所で必ず起きているんです。
量子力学の様に、確率でも、答えが出る方程式を誰か見つけてくれないでしょうか。
せめて、プレート同士の接地面図をレントゲンの様に、写真が撮れれば、摩擦係数など計算出来るのに。
たしか、吉村教授がピラミッドの地下を、音の反射で写真撮ってたような気がするんだけど。

まあ、地震に興味を持ったリケジョやリケダンの若い卵達、ぜひ頑張って、気をくれせず発表してくれ。
くれぐれも、言葉に気をつけてね。
それで、全て失った教授もいるので。
あっ、そうだ。
学校を卒業しても、全く仕事の無い科もあるので、大学選びは慎重にね。
でもまず自分の希望の仕事に就ける事はないけれど、希望は捨てずにね。
無駄じゃあ無いから。
社会人になるとわかるけど、実力や努力は関係なく、色んな事で仕事に就けます。
詳細は書けないけれど、逆にこれがあるからこそ、やり直しが幾らでも出来る。
私は、ダンボールを捨ててきた事に後悔は無いです。
こうやってブログという形で発表出来たのですから・・・・・・・・・・・と綺麗事を言って、お開きにします。
おそまつ様でした。

スポンサーサイト



テーマ:雑学・情報
ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック