fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2016年04月19日 (火) | 編集 |
どもっニャン太郎です。
久しぶりのミニ四駆です。
今回は重量バランスについて当たり前の事など話したいと思います
でも結構大事な事だと思っています。
コースによっては重り1つでCOしなくなる事もありますので。
まずは宣伝から

カーボンプレート検索ボタン

ではではシャーシ別の重量バランスの違い

AR、VS、XX、S2などの片軸モーターシャーシは普通に作ると重心がタイヤ前後の中心から5mm後ろになりました

FM、ARFM化、XXFM化などのフロントモーターは普通に作ったら重心がタイヤ前後の中心から5mm前になりました

MA,MSの重心は見事に中心でしたよ

これは重い電池とモーターがどれだけフロントかリヤの車軸に近いかの違いみたいですね


ではこの重量バランスの違いでどんな走行の違いが出るか

着地に関して

フロント側が重いとフロントが跳ねにくくリヤが跳ねやすかったです
リヤ側が重いとリヤが跳ねにくくフロントが跳ねやすくなりました
真ん中が重いと安定してるような不安定なような微妙な感じ
もちろんそれぞれリヤが跳ねやすいならリヤにダンパーなど対策をすれば問題ないです

飛び方
フロントが重いとフロントから着地が多かったです
フロントが下がるというよりもリヤが上がってるような感じでした

リヤが重いとリヤの着地が多かった
これもリヤが下がるというよりもフロントが上がる感じ

真ん中が重心のはちょっとフロントから着地な感じです。

この3種類の重量バランスで飛んで着地した時に一番綺麗な着地が出来たのはやっぱり真ん中重心でした。
タイヤ4点着地が出来た時の事です
しかしなかなかコレが出来ない。
生還率が一番高かったのはフロントが重い時のフロント着地でした。
ジャンプ中のブレが無く着地後のフロントが跳ねなければスラストが確保出来たのではと

イメージとしては槍投げなのかなと
槍投げの場合はベストな重心があります
前過ぎても後ろ過ぎても飛ばなくなります
ミニ四駆では飛ばない方が有効なのかな

普通重くする場合はダンパーを付けるかと思うのですがそれには注意が必要です。
高い位置に付けて重心が上がれば高く飛んでしまうし、ジャンプ中にダンパーが上がるほうに過剰に動いても高く飛んでしまいます。
よく言う提灯の開度がでか過ぎてカタパルトになるっていう奴です。

カーブでの重量バランスの違いの走行
そのままだと真ん中重心が一番早かったです。
リヤが重い時は動きやすいフロントのタイヤのグリップを抜くとカーブが速くなりました。
フロントが重い時は逆にリヤのグリップを抜けば速くなると思ったのですが、これもフロントのグリップを抜いた方が速くなった
なぜだ
フロント重心でリヤのグリップ抜くとリヤがドリフトする
その折にリヤがちょっと浮いてフロントのスラストがキツくなって遅くなるのでは考察してみる

まっこんな違いがあるよっていう話でした
ミニ四駆に理論は通じないって言われてるように小さな違いで走りが変わるのでよく走らせて研究してみて下さいね
最近は走らせるよりも考察してる時が一番楽しい。


スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック