fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2016年05月14日 (土) | 編集 |
どもっニャン太郎です
今回はミニ四駆の皿ビスの簡単な使用方法です
これを使えるようになると改造の幅が広がります
それにコースを傷つけなくなるので是非使って欲しいアイテムです
しかしながら皿ビスようにFRP等を加工する道具は結構な値段がします
100円ショップの簡単な物でも30秒以内に加工できる方法の紹介です。


カーボンの検索ボタン
まずは皿ビスの入手方法ですがレギュレーション内のタミヤ製の皿ビスは各種EVOシリーズとMS用のバンパーレスユニット2種くらいかな
EVOシリーズは何種類かの長さが付属されてますが現在入手しにくいです
海外だと再販されたりしてるのにね
バンパーレスユニットには6㎜ビスのみ4個付属されています
今後皿ビスのみの販売はしてくれないかな~?

なので社外品で代用するのですがレギュ違反にはなります
でも色と長ささえ間違えなければ判別は難解です
実際公式レースでも口外しなけりゃ引っ掛かる人はいないんじゃないかな
引っ掛かるのはあくまで色と長さです。
自分の知っている使える長さは6㎜、10mm、12mm、15mm、20mm、25mm、30mmの6種類かな
30mm以下なら何でも切ったと言えば通用しそうです
ネジは専用の道具で切ると簡単なんですが器具が高いです
100円ショップの道具で切るならばペンチで欲しい長さの1ミリプラスで切って下さい
ネジ山が潰れてナットが通らなくなっているので鉄やすりで優しく切り口を削って行きます
そうすればネジ山が潰れないのでナットが通るようになります。

さて皿ビスを使用するにあたってFRPやカーボンの穴を三角錐に加工する必要があります
100円ショップで買う器具は4ミリの木工用ドリルとドライバーセットのプラスドライバーのプラスが大きい物の2点です。
あったらドリル用の握りを買えると楽に作業が出来ます。

作業方法
粉が出るので大きめの下敷きを用意するか台所や洗面所やトイレやゴミ箱の上で作業しましょう
吸うと身体に悪い粉ですからね
まずは4ミリドリルで穴を削って下さい
軽いチカラでやって下さいね
強くやると刃がたって穴が曲がったり突き抜けます
慣れるまでは軽くやりましょう
0.5mmほど掘れたらOKです。
これで皿ビスの平面部分が削れました
今度は皿ビスの三角の部分です
プラスドライバーでゴリゴリ削ります
これで完成
試しに皿ビスを入れてみて下さい
深すぎたり浅くて浮いてませんか
浮いてる場合は大抵は三角部分が足りてないのでプラスドライバーでゴリゴリやり直しです。

皿ビスの購入方法
タミヤさんのカスタマーサービスに電話すると購入できます
配達代と支払い手数料の方が高くなっちゃうんだよね
社外品はネットやDIY屋やステーションなど行くと100円くらいで数個買えます
2×30ミリ以下で選びましょう
ではでは
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック