fc2ブログ
設備系の資格の勉強方法・転職・就職・健康・趣味について
2016年06月08日 (水) | 編集 |
どもっニャン太郎です
アサリやハマグリなどの季節になってきましたね
調理に携わる所で厳しい所などでは食中毒対策のために8月から1月ぐらいまで貝類の食事禁止令などが出ます
ノロウィルス対策で食材に毒性のある殺菌剤を掛けたりする所もあるのでなんだかな~とは思いますよ

ではではこの時期辺りからアサリやハマグリを大量に貰う事や取りに行く事があると思います
そのまま料理に掛かる前に砂抜きや保存方法の紹介です。
時々密漁された貝などが安く出回って保存管理も適当で食べられたもんじゃないのもあります。
この管理されたというのは獲る場所によるんですね。
汚染された海域などがその例です
普通に潮干狩り出来る場所は大丈お店で買う貝と普通に取ってくる貝は違う事に注意しましょう。
お店で買える貝はほとんどが管理された貝なので食中毒の危険性のある毒やウイルスや寄生虫等はほとんどありません。
夫です取
ですが門や網をくぐって人の入らない所で採したり、無料だけど管理されていない場所で獲ったのは危険です
管理されていれば獲ってはダメですよ~って看板が立ちますからね
漁師の取り分を減らさない目的もあれば食べると危険だよと教えてくれているんです。
そんな所では漁師も獲りませんからね。

それとお店で買う貝はある程度砂抜きされているので短時間で砂抜きが完了しますが、獲ってきたものは充分時間を取ってください。

砂抜きの方法
アサリやハマグリを3%の塩水で砂抜きします
出来ればボウルの上にザルをのっけて2重底にして砂抜きすると吐き出した砂を再度吸い込み防止になります
塩水の量はお店の貝ならば水面に貝の頭が出ないヒタヒタ程度です
獲ってきた貝の場合はすごく汚れるのでヒタヒタよりも少し多めにです。
3%と書きましたが適当でも大丈夫です。
おおさじ1杯で良いですよ。
で暗くするために蓋をしましょう。
警戒心が強いので暗くして静かにしていないと砂を吐き出してくれません。

砂抜きの時間はお店の貝の場合は3時間くらい
獲ってきた貝の場合は最低でも12時間は放置しましょう。
砂以外にも汚れた水を出してくれます
汚れた海を綺麗にしてくれる浄化作用が強力な分、食べるとなると良く砂抜き作業をして下さいね
40℃のお湯で茹でて砂抜きする方法もありますが難しかったので紹介は控えますね

保存方法
そのまま冷蔵で2日くらい
貝のまま冷凍保存すると1ヵ月もつそうですがニャン太郎は試した事がないのでわかりません
私の場合は下処理後に冷凍保存しています
蓋付きフライパンに水を少々入れてアサリやハマグリを蒸し焼きにします
中火で4分くらい
ガラスの蓋の場合は煮汁が沸騰してくるのが見えると思います
沸騰してあふれそうになったら火を止めます
その頃には貝も開いていると思います
強火でやると身が固くなってしまうので注意です。

ここからが大変
ある程度冷ました後に一つ一つスプーンや箸で貝殻と身を分けます
全部終えたら煮汁が残っていますね
これもスプーンで上澄みをすくいましょう。
底の方には砂などが貯まっている可能性がありますからね
身と煮汁は一緒にジッパーに入れて冷凍保存です
ちゃんと空気は抜いて下さいね
1回に使う分に分けて冷凍しましょう。
1ヵ月はもちます。
お吸い物や雑ぜ御飯、ホイル焼きなど楽しんで下さいね。

初めて砂抜きする人は汚れた水を見て驚くんじゃないかな~。
アサリのアマゾンで検索ボタン
ハマグリをアマゾンで検索ボタン
アサリの楽天での検索ボタン
ハマグリの楽天で検索ボタン
う~ん、ネットで買うと獲りに行くよりも安いな~

スポンサーサイト



テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック